ドックのご案内

トップページ > ドックのご案内

鼻からの胃カメラで苦痛を軽減

『早くみつけて 侵襲の少ない治療を受け よりよい人生を!』

近年内視鏡治療の進歩はめざましく、特に消化管の早期癌については進行度が浅いものであれば、より体に負担の少ない治療(内視鏡治療や、外科の縮小手術)を受けることが可能になってきています。この機会に、ぜひ上部消化管(食道・胃・十二指腸)の内視鏡検査をお受け下さい。

「でも、胃カメラはうけたいけど苦しいのはいやだ!」
という方に朗報です。
内視鏡の進歩により、最近は細いカメラを口からではなく鼻から入れて検査することが可能になりました。この方法により、以前よりは比較的楽に検査をうけることが可能です。 経鼻内視鏡検査(鼻からのカメラ)の満足度は高く、次回も同じ方法での検査を希望される人の割合は90%前後と報告されています。また心肺機能への負担も通常のカメラ検査より軽度です。

「でも、鼻からのカメラは画質が悪くて病気を見つけにくいのでは?」
と思われるかもしれませんが、機器の進歩・観察法の工夫により経口内視鏡検査(口からの太いカメラでの検査)と経鼻内視鏡検査では胃癌、食道癌の発見率に差があまりないことが報告されつつあります。

しかし、経鼻内視鏡が臨床に導入されてからまだ日も浅いので、上記の点や前処置(検査前の鼻の麻酔)から検査手技にいたるまで、全国的にみても確定的でない部分もありますが、受診者の皆様のご希望に添えるよう努力していくつもりです。
内視鏡検査を受ける不安・恐怖のため、早期の消化管癌の診断が行われず、末期癌で発見された結果つらい経過をとることのないように、なるべくカメラでの検査で病気を早く見つけましょう。

経鼻内視鏡(鼻からのカメラ)検査について